ロレックスのオーバーホールで故障予防│見た目がより新しく見える修理で高級感MAX

部品を揃えた業者に頼む

腕時計

ロレックスは古い歴史を持つブランドです。そのため、コレクター達はロレックスの古いモデルの腕時計を持っている人も少なくありません。ただ、古いモデルの腕時計は長年の歴史が経っていることもあってか故障しやすくなっていることが多いため、一度オーバーホールに出してみるのも一つの方法です。古いモデルの腕時計だと、オーバーホールの際に交換する部品が無いのではという人もいますが、ロレックスを専門にオーバーホールを行う業者なら、古いモデルの部品まで取り揃えています。そのため、発売時期や、モデルのふるさに関わらずオーバーホールを依頼することができるのです。長く使える腕時計だからこそ、時代に応じて、部品が発売停止になり交換できる部品が少なくなってきますが、それでも30年以内のモデルの部品なら取り揃えているという業者もいるのです。ただ、あくまでコストがかかるため気をつけておきましょう。

一つの腕時計を長く使うためにオーバーホールは大切なことですが、実際にどのようなことを行うのか知られていないことも少なくありません。ロレックスのオーバーホールではまず腕時計を分解して、部品一つ一つのクリーニングを行います。腕時計を分解することでしかクリーニングできない小さい部品の汚れを除去してくれます。そのあと、部品に破損が見られた際は部品交換を行います。そのあと、腕時計の見た目を支える要点となるケースを磨き上げます。ケースを磨き上げることで、腕時計の見た目に輝きが増します。